この曲大好き!

「この曲大好き!」では邦楽・洋楽、オールジャンルで有名な曲やおすすめの曲をイラスト付きでご紹介!

闘牛士の歌

   

「闘牛士の歌」(とうぎゅうしのうた)は、ジョルジュ・ビゼーさん作曲のオペラ『カルメン』で歌われるアリアです。

闘牛士の歌

闘牛士の歌

闘牛場で、猛牛を相手に赤い布を振って避ける勇壮な姿を見せる闘牛士…のはずが、猛牛はインコちゃんに懐いちゃいましたΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーンw

何故かわたし、動物にとても懐かれるんですよね~(*^。^*;)

 

この曲、勇壮なカンジがとてもイイんですよっヽ( ̄▽ ̄*)ノ

1分数十秒あたりから、きっと誰でも聞いたことがある有名な曲なのですっ。

 

 

闘牛士の歌 曲

 

闘牛士の歌 曲その2

 

闘牛士の歌とは?

『闘牛士の歌』(とうぎゅうしのうた)は、ジョルジュ・ビゼー作曲のオペラ『カルメン』で歌われるアリア。

「闘牛士の歌」は通称であり、冒頭の歌詞「諸君らの乾杯を喜んで受けよう」(仏:Votre toast, je peux vous le rendre, より正しくは「あなたがた(兵士たち)に私は乾杯を捧げることができる」の意味)でも知られている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/闘牛士の歌

 

闘牛士の歌 歌詞(和訳あり)

https://ja.wikipedia.org/wiki/闘牛士の歌

 

アリアとは?

アリア (イタリア語: Aria、 英語: Air(エア)) は、叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲で、オペラ、オラトリオ、カンタータなどの中に含まれるものを指す。また広義に、そのような独唱曲を想起させる曲を指す。

オペラなどでは、特に独唱者にとって聞かせどころとなる曲である。オペラやオラトリオの構成では、アリアの前に語りの内容が重視されあまり旋律的でないレチタティーヴォを置くことが多い。

日本では詠唱と訳される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アリア

 - 1800年代, オペラ, 洋楽

Translate